画像をクリックで拡大します。
大みそかは、蕎麦をくわねくっちいけねーよ 
落語「時そばを」を久喜市市役所前の「文化センター」で老人会の慰問として行われたのです。

体全体を使って熱演する孫娘。

年越しそばはなぜ。

その昔、金の細工職人が蕎麦掻で部屋中に飛散した
金箔を集めるために由来があるのです。

昔から、どの職人も、貧乏長屋に住んで、やっと一年が終わろうとして、
蕎麦掻で集めた金箔を売って正月の用意ができたのです。

蕎麦掻をどんぶりに水を入れ、かき混ぜて溶かしたのです。
金箔は早く沈み、溶かした蕎麦掻は別の器に移し、
淀んだ蕎麦掻を暖めて食したのです。

金は人体にハイいても無外の為、縁起もあったのでよかったのではありませんか。

もう、今年も大晦日になりました。 
九州・臼杵・両子山・天台宗・別格本山「両子寺」の鐘をついてきました。
いい音がしました。

光子のご満悦。

この.両子山を分水嶺として、臼杵は六郷に分かれそれぞれに、
由緒正しき寺院があります。

ほとんどが山岳信仰で、国宝の建物や仏像も多いのです。
中には、戦時中、子供たちがその国宝の寺院の中で遊んだものですから、
柱の漆が飛んでしまったものもあるのです。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25 P26 P27 P28 P29 P30 P31 P32 P33 P34 P35 P36 P37 P38 P39 P40 P41 P42 P43 P44 P45 P46 P47 P48 P49 P50 P51 P52 P53 P54 P55 P56 P57 P58 P59 P60 P61 P62 P63 P64 P65 P66 P67 P68 P69 P70 P71 P72 P73 P74 P75 P76 P77 P78 P79 P80 P81 P82 P83 P84 P85 P86 P87 P88 P89 P90 P91 P92 P93 P94 P95 P96 P97 P98 P99 P100 P101 P102 P103 P104 P105 P106 P107 P108 P109 P110 P111 P112 P113 P114 P115 P116 P117 P118 P119 P120 P121 P122 P123 P124 P125 P126 P127 P128 P129 P130 P131 P132 P133 P134 P135 P136 P137 P138 P139 P140 P141 P142 P143 P144 P145 P146
[編集]
CGI-design