画像をクリックで拡大します。
ベルギーブルッセルのグランプラス広場に装甲車が厳戒態勢をとっているのです。 
今年の7月、私と光子はこのグランプラス広場で食事をとり、韓国の若い音楽家を志す2人組の方たちと手ぶりを交えながら楽しんでいたのです。
驚きました。夕暮れの遅い北欧の人々が集う場所です。
今は、地下鉄は封鎖され、人の集まるところに自動小銃を持った若い兵隊さんが四方を見回し物々しい体制を敷いているのです。

グローバルに世界はなった代わりに貧困もグローバルに往来しているのです。
イスラム国の警告の中に日本も標的にする2か所の記述があるそうです。

日本もアメリカを後方支援ができるようになったためです。
そういえば、日本の若い人で、社会に遺恨を持つ人が現れ、イスラム国にいことした若者が成田で保護された報道がありました。

日本は、水きわで食い止められますが、EUは税関がないので、マネーだけでなく人も簡単に隣国に移動できるのです。

ニューヨークっ子の茶目っ気は素晴らしいですね。 
ニューヨークで本場のジャズを「タイムズスケア」に聴きに行く時です。
美女たちがわいわい騒々しく「おしゃべり」をしていました。
写真OKかと聞くとOKと言ってこんなポーズをとっていただきました。
日本の銀座で美女たちがこんなポーズをお願いしても聞いてくれません。
この陽気さがアメリカの繁栄の礎ですね。
摩天楼の眠りを知らない「タイムズスケア」の一こまです。
日本万歳。瓦万歳。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25 P26 P27 P28 P29 P30 P31 P32 P33 P34 P35 P36 P37 P38 P39 P40 P41 P42 P43 P44 P45 P46 P47 P48 P49 P50 P51 P52 P53 P54 P55 P56 P57 P58 P59 P60 P61 P62 P63 P64 P65 P66 P67 P68 P69 P70 P71 P72 P73 P74 P75 P76 P77 P78 P79 P80 P81 P82 P83 P84 P85 P86 P87 P88 P89 P90 P91 P92 P93 P94 P95 P96 P97 P98 P99 P100 P101 P102 P103 P104 P105 P106 P107 P108 P109 P110 P111 P112 P113 P114 P115 P116 P117 P118 P119 P120 P121 P122 P123 P124 P125 P126 P127 P128 P129 P130 P131 P132 P133 P134 P135 P136 P137 P138 P139 P140 P141 P142 P143 P144 P145 P146
[編集]
CGI-design