画像をクリックで拡大します。
羽生市の友人宅の棟の被害の復旧工事が完了しました。 
羽生市の友人宅は、築30年以上の日本瓦のお住まいでした。
日本瓦は雨水の吸水率が14%でJISの規定を合格するため、
長年の間に、雨水の浸透で桟木を固定する釘がさび、
桟木がずれていたのです。

桟木の補正、瓦のズレ、雨漏り等の回復を行い、完成いたしました。

羽生市S邸を強化棟工法(ガイドライン工法)で施工 
羽生市S邸を耐震・台風などの災害に強いガイドライン工法で施工いたしました。
強化棟金具に鉄筋と通して,棟のヒモ熨斗という瓦を、全数被膜導線で
結び、それをさらに鉄筋に結びました。

こうすることで、住宅の躯体に連結することによって、震災・台風等の災害に強くなるのです。

皆さんのこれから瓦工事業組合員は全瓦連の講習会を通じ、安心・安全の工事をいたします。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25 P26 P27 P28 P29 P30 P31 P32 P33 P34 P35 P36 P37 P38 P39 P40 P41 P42 P43 P44 P45 P46 P47 P48 P49 P50 P51 P52 P53 P54 P55 P56 P57 P58 P59 P60 P61 P62 P63 P64 P65 P66 P67 P68 P69 P70 P71 P72 P73 P74 P75 P76 P77 P78 P79 P80 P81 P82 P83 P84 P85 P86 P87 P88 P89 P90 P91 P92 P93 P94 P95 P96 P97 P98 P99 P100 P101 P102 P103 P104 P105 P106 P107 P108 P109 P110 P111 P112 P113 P114 P115 P116 P117 P118 P119 P120 P121 P122 P123 P124 P125 P126 P127 P128 P129 P130 P131 P132 P133 P134 P135 P136 P137 P138 P139 P140 P141 P142 P143 P144 P145 P146
[編集]
CGI-design