画像をクリックで拡大します。
田植えの風景 
私が高校生のころまで、田植えは
お百姓さんたちが、シュロ縄で作った糸を目安に
一列に並んで、腰が痛いのを我慢して、
朝早くから、夕闇が迫るころまで、
がんばって、日本の食を支えたのです。

時々TVでやりますが、あれはあくまでもやらせでしかないのです。
その為に、昔のお百姓さんは年を取ると
脊髄骨折をおこして、腰が曲がったのです。

お米を収穫までには、大変な苦労があったのです。
ヒエ貫、ずい虫取り、消毒、追い肥、それは大変な作業でした。

お母さんとザリガニ釣り。いいな。 
お母さんが青空の写る浮き野の里に水面に糸を垂れ、
僕が覗き込む、母と子の「沈黙の会話」
素敵な光景です。

ほのぼのと心温まる風景のひと時です。
僕の元気な好奇心、お母さんの愛情が伝わってきます。

お母さんへ。
僕を元気に育て、惜しみなく愛を注いでくださいね。
出来たら、お子さんを3人産んで育て暮れたら
良いな。3人は社会の基本で、お子さんたちで、
親が教えなくても、社会のしくみを覚え、
お子さんがお成人して、社会に出て、
ご夫妻が結婚40週年を迎えるころ、
3人産み、育てたことがよかったとしみじみ思える時が来ます。

今、私と妻が70歳です。
今一番の幸せを感じ、子供、孫に囲まれ
また、数年前ですが、お嫁さんを含め、
伊香保温泉の「木暮ホテル」老夫婦・子供夫婦・孫たち
総勢13人で遊んだことが「至上の幸せ」と今でも心に残っております。

最後に僕に「足袋と屋根のブログ」アフリカ「猛獣の王国ケニア」を見せてやってください。

また、時間あがあったら「エベレストの星空」なども見てください。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25 P26 P27 P28 P29 P30 P31 P32 P33 P34 P35 P36 P37 P38 P39 P40 P41 P42 P43 P44 P45 P46 P47 P48 P49 P50 P51 P52 P53 P54 P55 P56 P57 P58 P59 P60 P61 P62 P63 P64 P65 P66 P67 P68 P69 P70 P71 P72 P73 P74 P75 P76 P77 P78 P79 P80 P81 P82 P83 P84 P85 P86 P87 P88 P89 P90 P91 P92 P93 P94 P95 P96 P97 P98 P99 P100 P101 P102 P103 P104 P105 P106 P107 P108 P109 P110 P111 P112 P113 P114 P115 P116 P117 P118 P119 P120 P121 P122 P123 P124 P125 P126 P127 P128 P129 P130 P131 P132 P133 P134 P135 P136 P137 P138 P139 P140 P141 P142 P143 P144 P145 P146
[編集]
CGI-design