画像をクリックで拡大します。
竹富島のシーサー。火伏の神様です。 
遠い昔、武富島に大火があって、シーサーの乗っていた部落だけは、篠つくような雨が降って、島の大半が焼失したにもかかわらず、大火から免れたのです。
屋根にはいろいろな神様がいて、家族を守ってくれるのです。

現代のコロニアルの屋根でそんな奇跡が起こるだろうか。
現状は、屋根を軽く、安くすることに心を砕き、それで、経年変化でみすぼらしくなる。
瓦屋根がは、観光資源にもなるのです。
時間の経過によって、古美の美しさがあるのです。

東北縦貫道の羽生インターの「鬼平犯科帳の町並み」は、客を集客し結構繁盛していますよ。
それもそのはず、わざわざ新しい瓦を、塗装の技術で≪古美》の美しさを出しているのです。
瓦万歳。瓦万歳。です。
コロニアルの屋根が連なっても、観光客は来ないでしょう。

施工可能地域
久喜市・幸手市・加須市・宮代町・杉戸町・白岡市・蓮田市
さいたま市・伊奈町・鴻巣市・上尾市・北本市・羽生市・桶川市
熊谷市・羽生市・行田市・春日部市・五霞町・坂東市・常総市 


甍の波を形成する和瓦の屋根には屋根神様がいるのです。 
今、屋根の神様がいるのだろうか。まして、瓊瓊杵尊のように天孫降臨するのだろうか。
太陽光でまぶしくて、途中であきらめてしまうのでしょう。
現代は、ローンとスマホで貧困になって、屋根神様も愛想を尽くしいるのだろうか。どうして、こんな世になかになってしまったのでしょう。
もしかすると、マッカサーの日本進攻で、飛行機を作らせなっかたのと同じように、隠された政策の中に、日本の西洋化、アメリカナイズ化かあったのかもしれません。
日本の和瓦か完成されたすばらしい文化なのです。
今の大学生さへ甍の波と青い空の小学唱歌を知らないそうです。

故郷の景色も和瓦が消え、コロニアルの屋根と金属屋根になってしまうのです。
大黒柱の消滅と引き換えに夫の位置が、そして、居場所がなくなってしまったのです。

瓦が、社寺・仏閣・お城に残り観光の対象になるのです。
焼成された瓦を通過する紫外線・熱線は健康に良い遠赤外線に代わり、ラットの実験ですが、コロニアル・金属の屋根の比べて寿命が長いのです。

瓦。ラッキー。ラッキー。

施工可能地域
久喜市・幸手市・加須市・宮代町・杉戸町・白岡市・蓮田市
さいたま市・伊奈町・鴻巣市・上尾市・北本市・羽生市・桶川市
熊谷市・羽生市・行田市・春日部市・五霞町・坂東市・常総市 


P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25 P26 P27 P28 P29 P30 P31 P32 P33 P34 P35 P36 P37 P38 P39 P40 P41 P42 P43 P44 P45 P46 P47 P48 P49 P50 P51 P52 P53 P54 P55 P56 P57 P58 P59 P60 P61 P62 P63 P64 P65 P66 P67 P68 P69 P70 P71 P72 P73 P74 P75 P76 P77 P78 P79 P80 P81 P82 P83 P84 P85 P86 P87 P88 P89 P90 P91 P92 P93 P94 P95 P96 P97 P98 P99 P100 P101 P102 P103 P104 P105 P106 P107 P108 P109 P110 P111 P112 P113 P114 P115 P116 P117 P118 P119 P120 P121 P122 P123 P124 P125 P126 P127 P128 P129 P130 P131 P132 P133 P134 P135 P136 P137 P138 P139 P140 P141 P142 P143 P144 P145 P146
[編集]
CGI-design