画像をクリックで拡大します。
壁も屋根。屋根も屋根。マンサード瓦の粋なお住まい 
瓦は屋根の実に使用するものではありません。
サイデングと同じように壁材としても使用で出来るのです。
マンサード瓦と使用しております。
モダンなお住まいでしょう。鯉のぼりと衣料の街「加須市M邸」です。
同じ不動岡高校卒のY設計によるものです。
瓦の良さは耐用年数だけでなくデザインの豊富さです。
公庫住宅なら瓦の重さを気にすることはありません。
耐震性は十分、余裕があります。
瓦は童謡に甍の波として出てくるのです。
日本人ならやっぱり瓦ですね。
瓦は歴史に波の中で、雨漏り、耐用年数、地震、台風、火事のどれをとっても強いのですよ。
姫路城がコロニアルになったらおかしいでしょう。
カビだらけの屋根、世界遺産になりませんよね。
法隆寺の屋根だって同じでしょう。

埼玉の自称「雑学の職人」屋根屋のおっさんです。

TVアンテナ、こんな施工が「あなたの住まいをダメにする} 
TVアンテナ。工事費を値切るとこんなことになります。
台風が直撃すれば、瓦はめくられ、飛散します。
瓦が飛ばされると、屋根屋の責任になる。
屋根屋さんはこんな工事はしませんが、後から屋根の上にTVアンテナや温水器を設置する業者が「安さを追求されると、こんな不具合の施工をするのです」。
ひどい時には、雨水が雨樋に入らず、大切な住まいを痛めるもとになります。
これこそ、「安物買いの銭失い」なのです。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25 P26 P27 P28 P29 P30 P31 P32 P33 P34 P35 P36 P37 P38 P39 P40 P41 P42 P43 P44 P45 P46 P47 P48 P49 P50 P51 P52 P53 P54 P55 P56 P57 P58 P59 P60 P61 P62 P63 P64 P65 P66 P67 P68 P69 P70 P71 P72 P73 P74 P75 P76 P77 P78 P79 P80 P81 P82 P83 P84 P85 P86 P87 P88 P89 P90 P91 P92 P93 P94 P95 P96 P97 P98 P99 P100 P101 P102 P103 P104 P105 P106 P107 P108 P109 P110 P111 P112 P113 P114 P115 P116 P117 P118 P119 P120 P121 P122 P123 P124 P125 P126 P127 P128 P129 P130 P131 P132 P133 P134 P135 P136 P137 P138 P139 P140 P141 P142 P143 P144 P145 P146
[編集]
CGI-design