画像をクリックで拡大します。
癌と戦っているみなさんそしてご家族の皆さんに 
平成21年10月わたくしは瓦と必死に戦っておりました。
自分の病室に自分がかってがんばって、あるいは自分の人生の中で楽しい思い出にふけり、また同じことをチャレンジするのだと己に奮起させようと、エベレスト・チベット・アフリカの写真を最大のA-0に引き延ばし、交互に写真を飾りました。
自分への奮起と、海外の旅の夢をもう一度と思って飾ったのです。
病院で働く皆さんにも、目に止まり、6号棟の病室の人気者になり、そのたびに励まされ、自分を元気付けました。

此のHPをご覧になって癌と戦っている方に申し上げたいのです。
もちろん、ご家族の方にもです。

私は癌の第4ステージの前期で出術を受けたのです。
胆管癌でした。
胃袋は何ともなかったのですが、1/3を削除しました。
膵臓も1/3・胆嚢は2/3、小腸は全部、12指腸1/2削除したのです。
大腸をグル―ット回して小腸に代わりにしたそうです。

どんな大病しても、夢を持って「我が人生に悔いはなし」の人生を歩みたいと思っております。

話は変わりますが、自分の人生を振り返って、瓦中で生まれ、瓦を細工する細工場と呼ばれる作業場の火壺で勉強をし、職人さんたちと大人の会話に混じり、人生が豊かになったような気がいたします。

癌と戦っているみなさん。がんばって下さい。
私は、術後6か月で、立山アルペンルートに行きました。
そして、7か月後に奈良で開催されておりました『遷都1300年祭」にも行ったんです。
そして9か月後に義父「富田宗春」の戦死した戦場巡りをしてきたのです。
また、11カ月後に子供たちが結婚40周年記念の旅行に招待され、伊香保のホテル木暮に行ってきたのです。
私は癌を患ってから、自分の人生に限りがあること意識し、順番を決めて実行することに致しました。

夢を持ち続け、今年の正月、イタリヤ1周の旅に行ってきました。
も理論リスクがありますので、1億円の旅行保険に加入して行きました。
光子と二人で20,000円弱でした。

人生は夢を持って楽しみましょう。

韓国の鬼瓦です。 
http://blog.with2.net/link.php?720512
クリックして下さい。ブロクのおもしろい話があるよ。
雑学の知識人『埼玉の瓦屋さんのおっさん』
鬼瓦は水の神様で火事などの災害に遭うと、雲を呼び、雨を降らせるのです。
特に、日本で鬼瓦が発達したのは、木造建築で、火事になりやすかった為でしょう。
鬼とは、顔から手を出し、牙を持ち蛇をはやらかせているのです。
日本では、屋根に鬼瓦はつきものです。
いまは、鬼瓦といえど、雲水と言って、雲と水を形とっています。

修行僧も雲水と言いますよね。
どうしてでしょう。

屋根リフォームのご相談は、埼玉県瓦工事組合連合会に
連絡先は埼玉県久喜市
FD 0120-58-9901 


P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25 P26 P27 P28 P29 P30 P31 P32 P33 P34 P35 P36 P37 P38 P39 P40 P41 P42 P43 P44 P45 P46 P47 P48 P49 P50 P51 P52 P53 P54 P55 P56 P57 P58 P59 P60 P61 P62 P63 P64 P65 P66 P67 P68 P69 P70 P71 P72 P73 P74 P75 P76 P77 P78 P79 P80 P81 P82 P83 P84 P85 P86 P87 P88 P89 P90 P91 P92 P93 P94 P95 P96 P97 P98 P99 P100 P101 P102 P103 P104 P105 P106 P107 P108 P109 P110 P111 P112 P113 P114 P115 P116 P117 P118 P119 P120 P121 P122 P123 P124 P125 P126 P127 P128 P129 P130 P131 P132 P133 P134 P135 P136 P137 P138 P139 P140 P141 P142 P143 P144 P145 P146
[編集]
CGI-design