画像をクリックで拡大します。
コロニアルの棟板金はどうして弱いの。 
コロニアル屋根の耐用年数は平均で20年〜25年と言われて居ります。
特にコロニアルは薄物スレートの為、踏み割れ現象が発生致します。

踏み割れ現象は、強度と屋根面の不陸の問題で発生致します。
その他に棟板金の内部で発生する結露と言う固定の貫板を腐食させる現象が
コロニアル屋根の欠点と言われております。

コロニアルはどうしても施工上、棟部の板金を固定する為に、貫板と言う木材を使用しなければなりません。

現在は結露が発生しても、腐食が怒らない「タフモック」と言う人工木材が市販されています。
ただ、コロニアルは屋根材の中で、低価格の製品として位置付けられております。
価格の面で、なかなか使用されていないのが実情です。


城郭の美 
日本のお城は実用と美しさを兼ね備えております
その1級品が姫路城で有り松本城です。
城はの天守閣はまさに芸術品です。

屋根には唐破風と言う曲線を取り入れる美しさや、屋根のいぶし銀の美しさに白壁の漆喰壁はデザインの極みだと思っています。

漆喰壁にはハザマと言う実用とデザインの美しさを誇る、銃口くちがあります。
漆喰壁だ防火機能だけでなく銃弾に対しても堅牢なのです。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25 P26 P27 P28 P29 P30 P31 P32 P33 P34 P35 P36 P37 P38 P39 P40 P41 P42 P43 P44 P45 P46 P47 P48 P49 P50 P51 P52 P53 P54 P55 P56 P57 P58 P59 P60 P61 P62 P63 P64 P65 P66 P67 P68 P69 P70 P71 P72 P73 P74 P75 P76 P77 P78 P79 P80 P81 P82 P83 P84 P85 P86 P87 P88 P89 P90 P91 P92 P93 P94 P95 P96 P97 P98 P99 P100 P101 P102 P103 P104 P105 P106 P107 P108 P109 P110 P111 P112 P113 P114 P115 P116 P117 P118 P119 P120 P121 P122 P123 P124 P125 P126 P127 P128 P129 P130 P131 P132 P133 P134 P135 P136 P137 P138 P139 P140 P141 P142 P143 P144 P145 P146
[編集]
CGI-design