画像をクリックで拡大します。
城郭都市の屋根の景観 
尖塔が美しい日本の屋根にはあまり見られない玄昌石の屋根です。
日本の瓦の重量の比ではありません。

水成岩の積層になっている石の瓦です。
代表的な屋根は「東京駅」の屋根を作っております。

あのシンメトリーの辰野慎吾の設計による東京駅は屋根に重みがあり、夕日の映えるレンガつくりの明治の代表的な建築物です。


施工可能地域
久喜市・幸手市・加須市・宮代町・杉戸町・白岡市・蓮田市
さいたま市・伊奈町・鴻巣市・上尾市・北本市・羽生市・桶川市
熊谷市・羽生市・行田市・春日部市・五霞町・坂東市・常総市 




渋沢栄一翁の日本レンガのホフマン窯から生産されたものなのです。3

急勾配の喚起窓瓦のあるビーバー瓦 
ヨーロッパの屋根は、傾斜が強いから町並みの中に瓦存在感が大きいのです。
日本の屋根のように「傾斜」が緩いと町並みが壁の面で構成され、うるさく感じるのです。

かって日本の幼いころの町並みは屋根に存在感がったのです。
今は主人の力が弱まり、住宅のすべてのおいての決定権が「女性」に移り
旦那の存在は影を亡くしたのです。

屋根は薄く・軽く・スマートさを好まれるのです。
たまに観光地に行って感心するのは川越、茂原、喜多方・飛騨などの
屋根の存在感の多いところなんです。

雪山があって、新緑におよぐこいのぼり、かやぶき屋根、故郷の幼いころの
郷愁でしょうか。

施工可能地域
久喜市・幸手市・加須市・宮代町・杉戸町・白岡市・蓮田市
さいたま市・伊奈町・鴻巣市・上尾市・北本市・羽生市・桶川市
熊谷市・羽生市・行田市・春日部市・五霞町・坂東市・常総市 



P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25 P26 P27 P28 P29 P30 P31 P32 P33 P34 P35 P36 P37 P38 P39 P40 P41 P42 P43 P44 P45 P46 P47 P48 P49 P50 P51 P52 P53 P54 P55 P56 P57 P58 P59 P60 P61 P62 P63 P64 P65 P66 P67 P68 P69 P70 P71 P72 P73 P74 P75 P76 P77 P78 P79 P80 P81 P82 P83 P84 P85 P86 P87 P88 P89 P90 P91 P92 P93 P94 P95 P96 P97 P98 P99 P100 P101 P102 P103 P104 P105 P106 P107 P108 P109 P110 P111 P112 P113 P114 P115 P116 P117 P118 P119 P120 P121 P122 P123 P124 P125 P126 P127 P128 P129 P130 P131 P132 P133 P134 P135 P136 P137 P138 P139 P140 P141 P142 P143 P144 P145 P146
[編集]
CGI-design